プロジェクト紹介

活力ある地域社会づくり

少子・高齢化・人口減少時代への新たなアプローチとあわせ、私たちはその器となる地域社会のあり方を考え、互いに支え合う、新たな地域づくりに取り組んできました。

都市部では、地縁的つながりが弱体化し、コミュニティが希薄化している現状にあります。その一方で中山間地域では高齢化と人口減少が進み、コミュニティの維持が難しくなっていることや大規模災害によるコミュニティの崩壊と再構築など、状況や課題も一律ではありません。

また近年、地方分権の進展、対象者増・税収減等による行政サービスに限界が生じている現状からは、地域の状況をふまえ、住民自らが周囲の問題を「我が事」ととらえ地域を盛り上げ、自主的に地域課題の解決に取り組む活力ある地域社会づくりが求められています。

それらに対し、私たちは地域福祉計画をはじめとした地域づくりを通して、住民ニーズを聴き出すとともに、地域課題の解決や支援活動、防犯・防災をテーマに、住民のアイデアを行政の事業や直接の活動につなげる取組みを行いました。また、団地の活性化支援事業、地域協働のまちづくり、地域の自立性・自主性の向上の研究支援も行ってきました。

引き続き、制度の動きも見据えながら、住民の声もきめ細かく聴き、住民主体で課題に取り組む、活力ある地域社会づくりのお手伝いをしていきたいと考えています。

プロジェクト事例

地域福祉計画・地域福祉活動計画の策定

自治体の地域福祉計画と社会福祉協議会の地域福祉活動計画策定の支援を行っています。昨今は、地域の複合的な課題に対応するため、行政には福祉にとどまらない連携や縦割りの解消が、地域には住民主体による課題解決力の強化が求められ、両方を実現するための将来像と施策を計画に盛り込んでいます。(写真は、女川町福祉関連計画(右から2冊が地域福祉計画)

冊子の写真 女川町福祉関連計画


仮設住宅(住民懇談会等で当社撮影)


模造紙にポストイットで意見を貼り出す

UR団地におけるコミュニティ拡大・高齢者支援方策の検討

UR団地の居住者が互いに支え合い、安心して暮らせる地域コミュニティの実現に向けて、団地内でのコミュニティ活動(コミュニティカフェ)を拡大発展させるために、近隣大学のゼミや行政、地域住民と連携し、高齢者支援方策を検討しました。

UR狭山台団地:コミュニティカフェけやき

我が事・丸ごとをめざすまちづくり(地区別懇談会の実施)

町田市地域福祉計画と社会福祉協議会の地域福祉活動計画づくりにおいて、市内10地区での地区別懇談会を実施しました。地区別懇談会の結果は地域福祉計画の中の地区活動計画に反映されています。懇談会の計画から実施、まとめ、計画の反映まで支援しました。

懇談会の写真懇談会の写真

地区懇談会(当社撮影、町田市HPより)

地域の自主性及び自立性の向上に関する研究会に伴う基礎調査

地方自治研究機構の自主研究である、「地域協働のまちづくりと地域の自主性及び自立性の向上のための人材開発に関する調査研究」と、「市区町村の住民参加方策、政策形成過程における住民参加のあり方に関する調査研究」の基礎調査を実施しました。

東日本大震災からの復興記録誌作成

東日本大震災で被災した岩手県・岩泉町の復興記録誌を作成しました。震災時の知恵や災害への備えを後世に伝える冊子として企画、被災から復興の過程と状況を、UIFA JAPON(国際女性建築家会議日本支部)が支援する「だれでもフォトグラファ」プロジェクトの協力もいただき、3年間かけて作成し、3部作としました。

復興記録誌

岩泉町復興記録誌「明日の岩泉へ」

  1. 少子・高齢化、人口減少社会へのアプローチ
  2. 活力ある地域社会づくり
  3. 男女共同参画の視点のまちづくり
  4. 協働による調査研究・分析・事業支援
  5. 施設計画・拠点づくり
  6. 事業評価・第三者評価

ページトップへ