生活構造研究所の業務内容は、
調査・研究
構想策定
計画策定
各種事業の実施(講座・イベント実施、設計・監理、編集・制作、施設運営など)
にわたっています。
それぞれの業務においては、次のような作業の進め方を特徴としています。

調査・研究

資料収集・分析、アンケート、ヒアリング、グループインタビュー、ワークショップなどの手法を駆使して、生活者の実態やニーズを探ります。またそれらの結果をふまえ、 地域や社会の抱える課題を解決する方法を検討します。
実施にあたっては、アンケート調査などの結果に市民、団体、企業、行政からの多面的な検討を加えるため、委員会や検討会を設置し、そこでの検討にかけつつ
作業を進める方法などもとっています。

構想策定

地域の現況調査やニーズ把握などを通して、地域・施設などの構想策定を手がけます。 
これまで、まちづくり、科学館・博物館・美術館、図書館、情報センター、生涯学習センター、男女共同参画センターなどの構想づくりを数多く進めてきました。
今後も多方面にわたる構想づくりにチャレンジしたいと考えています。

計画策定

総合計画、地域計画や福祉、住宅、防災、情報、男女共同参画などの領域における基本計画、事業計画、推進計画などの立案を行います。
計画づくりにあたっては、市民参加のしくみづくりや、専門家との連携などについても積極的に提案しています。

各種事業の実施

建築や情報システムの基本設計・実施設計などの業務、編集・制作業務、講座・シンポジウム・セミナーの企画・実施、施設運営など具体的な事業における企画・実施、その他の事業協力を行います。
新しいアイディアやコンセプトを具体化し、実証実験の実施や、関係主体との調整を図りながら、生活空間、地域空間、施設の中に着実に展開させていきます。
実施にあたっては、生活構造研究所が培った人や組織の豊かなネットワークの活用のもとで、適切なチームワークにより推進しています。
△TOP

Copyright (c) 株式会社生活構造研究所 Laboratory for Innovators of Quality of Life. All rights reserved