これまで生活構造研究所が携わった業務は、大きく3 つの軸から構成されています。
この軸を中心として、さまざまな領域に携わる業務に積極的にチャレンジしていきたいと考えています。

生活・社会のデザイン

生活や社会のあり方には、地域に住む個人や組織の意識や経験が凝縮されています。
この中で、新しいシステムを構築していくためには、 事実をしっかり見つめ、
問題点を明らかにし、その上で見通しをたてていくことが必要になります。
基礎的な調査やデータを出発点に、さまざまな声を集約しながら方向を見定める
−−こうした作業を私たちは、「生活・社会のデザイン」と呼びたいと思います。

建築・地域・都市のデザイン

建築・地域・都市は人々のくらしをうけとめる器であり、活動を展開する舞台でもあります。
新しい時代の生活・社会や情報のあり方を、空間において具体化していくためにも、
そのコンセプトを明確に立てる必要があります。
生活者や活動者が求める空間のヴィジョンを大胆に描き、
それに向けて着実に計画化・空間化する
−−こうした作業を私たちは、「建築・地域・都市のデザイン」と呼びたいと思います。

情報のデザイン

情報は、生活者にとって、潜在的な可能性をひき出し、活力を高める大切な味方です。
少子・高齢化や情報化、国際化が深化する時代において、生活者が情報をどう活用するか、
これが地域にとって大きな課題になっています。
どのような人がどのような情報を求めているかをつかみ、 情報リテラシーを高めながら、
技術を駆使して、それらの情報を伝えあうネットワークを具体化する
−−こうした作業を私たちは、「情報のデザイン」と呼びたいと思います。
△TOP

Copyright (C) 株式会社生活構造研究所 Laboratory for Innovators of Quality of Life. All rights reserved